KenKen's帯駆動無線操縦車
ラジコンカーを中心としたいろんな話
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドリフト?
家の直ぐそばに、ラジ天港南中央店があります。
部品の買い足しに良く良くのですが、ここには、ドリフトのコースがあり、すごい人気です。
(個人的にはミニッツコースのほうがいいのですがね。)
ケンケンも興味があるようですが、今のうちのサイクロンはグリップ走行仕様、TA05もドリフト仕様にするには、部品の交換が必要。
そこで、最近サイクロンをTC仕様に変更したことと、3年前に全日本の予備としてキットをもう一台買ったんですが、今は部品取りのため、中途半端にパーツが残っている状態・・
これに、シャーシとセンターシャフトを買い足して、ドリフト専用サイクロンSフルオプションが出来てしまいました。(カーボンシャシーだと、初代サイクロン)
P1010032.jpg


おまけに、無改造でTA05に乗せていた、ストリートチャレンジ用のボデイが乗ったりして・・
あとは、タイヤだけ購入すればOKですね。でもデフが無くて・・予備を使ってしまいました。
P1010039.jpg

スポンサーサイト
デフを作りました。
サーキットでの部品交換は、結構面倒ですね。なかでも、たくさんの部品で構成されているデフとかが壊れたり、メンテが必要になったりした場合は、悲惨です。さらにレースの当日なら、パニックになります。
そんな時に備えて、うちは、予備のデフをもって行くことにしています。
最近、サイクロンのデフを新型のリングの大きなものに変更しましたが、今日は、その予備デフを作りました。(旧タイプはちょっと事情があり、予備でなくなりました。

デフのポイントは、リングですかねぇ。打ち抜きで作られるデフリングですが、どうしても、歪があります。まあ削り出しのリングだといいのでしょうけれど、見たことないし、たぶん売られても、とんでもなく高価で買えませんね。
P1010025.jpg

ということで、不精な我が家でもここだけは、手を加えています。
用意するものは、ガラス板(ハンズで¥150位)と耐水ペーパ(#400、#600、#800、#1000、#1500)それと、金属磨きのピカールです。
まず、デフのジョイントを持ち手代わりにして、#400のペーパーに水をつけながら、ガラス板の上で削ります。この段階では、リングの歪を平らにすることが目的なので、ペーパーが削れなくなったら、思い切り良く、新しいものに交換します。(使用済みは捨てません)
P1010021.jpg

全体が平らになるまで、作業するのがいいのですが、そこは無精者、ボールの軌道付近は平らであれば、外径、内径付近が多少平らになっていなくても作業をやめます。
P1010024.jpg

後は、ペーパーを徐々に細かくして研ぎ出しを行います。
私の場合、研ぎ出しの一番目は、先ほど使用した、削れなくなった#400から初めて、最後に金属磨きで仕上げて終わります。この作業ですが、性格が出ますね(笑。
うちの場合は、写真の右程度で挫けてしまいますが、人によっては、鏡みたいに磨いている人もいるようです。
P1010030.jpg

組み込む前には、油分をクリーナできれいに洗って使います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。