KenKen's帯駆動無線操縦車
ラジコンカーを中心としたいろんな話
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明日は練習です。
天気も何とか良さげで、練習日和です。
【ケンケンの明日の目標】
最初の5周でベストラップ(10秒台)を出す。
だそうです。
明日の練習に使うバッテリー↓
06-07-29_21-02a.jpg

スポンサーサイト
ボールエンド
今使っている、車はサイクロンです。
他の車でもそうですが、樹脂のボールエンドが多用されています。
ボールと最初はしっくり馴染んでいても、クラッシュで痛んできます。
それと痛む要因のひとつに「取り外し」の時に伸びたりすることですね。
HPI(HB)のエンドは結構取り外しに力が必要で、首の長いものは
反り返ったりしますので注意が必要です。

で・・これはある人がやっているのを、私も真似してみました。
最近ボールの方も六角レンチが使えるように加工されてものが
ありますが、これを使うのが前提ですけれど。
20060729001806.gif

簡単です、頭をカットするだけです。少しずつカットし、レンチが入る
ぐらいの穴になるまで行います。

取り外しは、エンドにボールを付けたままネジ部から外します。
アッパーアームとか有効ですね。

ただ、経験値でいえば、ねじ込む先が樹脂のもので取り外し頻度が
多いもの(たとえばサスアームとダンパーのエンド)は、
「樹脂側が痛みやすい」ので「ボールエンドの痛み」と折り合いが必要です。

それと、ボール側の材質ですが、「鉄製」が好ましいです。
折れて、ネジが残ると相手がアルミパーツだと悲しいですから・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。